最新情報

宅内の無線LAN環境を改善する無線LANエクステンダー新製品を発表。 〜従来製品よりも低コストで「きちんと繋がる」宅内無線LAN環境を実現〜

HEMSゲートウェイのリーディングODMプロバイダーであるサーコム・ジャパン株式会社(東京都品川区、代表取締役CEO伊藤信久、以下「サーコム・ジャパン」)は本日、PC周辺機器市場向けのODM製品である無線LANエクステンダー「RP101」を発表しました。RP101を使用することで、既存のEthernet環境の無線化、無線LANがつながりにくい場所での接続性の向上を実現できます。

今後拡大が想定される無線LANを使用したサービスおよびデバイスにおいて、無線LANの接続環境が安定していることが強く求められており、RP101を使用することでその要求に応えることができます。また、無線LANが搭載されていないルーターやセットトップボックスをユーザーに提供しているケーブル事業者にも最適です。

参考資料:RP101画像

RP101は、主にサービス・プロバイダー、ケーブル事業者、電機メーカーを対象に、サービス事業者によるカスタマイズ提供が可能なODM製品として提供します。サービス事業者はRP101のファームウェアやユーザー・インターフェース等、それぞれのビジネスに合わせた必要なカスタマイズができます。また、グローバルで製品展開をするサーコムのネットワークを生かし、従来製品に比べて3〜5割のコスト減を実現しました。これにより、ユーザーの導入をさらに容易にしています。

価格および提供時期などについては、本件お問い合わせ先までご連絡ください。製品の詳細情報については、以下のURLをご参照下さい。

RP101のシステム構成イメージ

ページ先頭に戻る