最新情報

サーコム・ジャパン、次世代のインフラ普及に向けて 10G-EPONモジュール「ER1000シリーズ」のサンプル出荷を開始

 IoT/M2M機器ODMベンダーのサーコム・ジャパン株式会社(東京都品川区、代表取締役CEO伊藤信久、以下「サーコム・ジャパン」)は、2014年9月25日よりエンタープライズ向けに、次世代のインフラとなる10Gbpsの高速通信を実現する10G-EPON1モジュール「ER1000シリーズ」のサンプル出荷を開始します。

 USB3.0、Thunderbolt、4K、8K2など新技術の登場によって、データ通信量の飛躍的な増加が予想され、伝送量を現行の1Gbpsから10Gbpsへ移行するよう、インターネットの高速化が求められています。サーコム・ジャパンはEPON ONU、GPON ONU分野において中国、欧米市場で年間400万台を超える製造実績を持つSercomm Corporationの10G-EPONモジュール「ER1000シリーズ」のサンプル提供を通じて、情報通信機器メーカーによる家庭用ONUへの組み込みなど、10Gbpsの高速光通信の普及をサポートします。

1 Ethernet-Passive Optical Network=光ファイバーを複数の利用者に向けて分岐させる技術。
2 4K解像度は横3840×縦2160、8K解像度は横7680×縦4320の解像度に対応した映像。

製品仕様

光インターフェイス IEEE802.3av PRX30(送受信非対称)
送信波長:1260~1360nm
受信波長:1575~1580nm
データ送信速度 送信1.25Gbps 受信10.3125Gbps
モジュール形状 SFP+
コネクタ形状 レセプタクル型
  • 関連情報
ページ先頭に戻る