最新情報

サーコム・ジャパン、OEMソリューション「ジェイワン」の 新たな販売パートナーにたけびし

  IoT/M2M関連機器製造メーカーのサーコム・ジャパン株式会社(東京都品川区、代表取締役CEO 伊藤信久、以下、サーコム・ジャパン)は、2015年1月22日(木)に発表した国内IoT/M2M市場向けのOEMホワイトボックスブランドの「ジェイワン」を使ったOEMソリューションの販売戦術を順次公開しています。この度、大正15年の創業以来、京都・滋賀を主力地盤として三菱電機製品をはじめ多くのパートナー商品とオリジナル製品の提供により成長を遂げ、現在、全国8拠点・海外5拠点を展開する株式会社たけびし(以下、たけびし)が新たに販売パートナーとなりました。これにより西日本を中心とした地域への戦略的な販路拡大が期待されます。

 たけびしは「京都発最強の技術商社」として、従来の商社活動に加えオリジナル製品を企画・ 開発する技術力を備えており、産業機器システム、半導体・デバイス、社会インフラ、情報通信という社会の幅広い分野において顧客の多様なニーズに応えています。近年はFA※で培ってきた通信技術とソフト資産を基にIoT/M2M分野へ活動の幅を拡大しており、この度ジェイワン製品を取り扱うことにより、今後期待されるIoT/M2M分野への取り組みが加速することを期待しています。

※FA=Factory Automation

ジェイワンとは
開発コスト・開発スピード・製造コストに問題を抱えているIoTデバイスメーカーもしくはIoTに関わるサービス提供者を対象にした新しいOEMビジネスモデルです。従来の当社ODMビジネスと比べてお客さまの負担が少ないため、サーコム社の製品を早く・安く・簡単に導入することができます。第1弾の「IoT Camera」を始めとしてさまざまな製品展開を予定しています。

IoT Cameraとは
IoT Cameraとは・・・IoT/M2M市場で活用されることを想定した当社ネットワークカメラ製品です。IoT Gateway、各種センサー、ウェアラブルデバイスなどさまざまな機器とともに使用可能です。ジェイワン製品第1弾として「RC8110J」を展開しています。

「ジェイワン」ブランドページ
http://www.sercomm.co.jp/j-one/

株式会社たけびし公式サイト内紹介ページ
http://www.takebishi.co.jp/business/products/device/12.html

ページ先頭に戻る