最新情報のプレビュー

サーコム・ジャパン、完全防塵防水エンタープライズ アクセスポイントAP222AOのODM供給を開始 ~増加するエンタープライズアクセスポイントニーズに屋外製品を提供~

HEMSゲートウェイのリーディングODMプロバイダーであるサーコム・ジャパン株式会社(東京都品川区、代表取締役CEO伊藤信久、以下「サーコム・ジャパン」)は本日、屋外用途で使用出来るエンタープライズアクセスポイント、AP222AOのODM供給を開始すると発表しました。

AP222AO

参考:AP-222AO外観写真

無線LANアクセスポイントに対する市場ニーズは無線LAN機能搭載端末の増加に伴い年々増加の傾向にあり、エンタープライズアクセスポイントの2012年度市場規模は約90億円程度の市場規模があり、台数としては約22万台の出荷実績が見込まれています。市場成長率としては25%の前年比増であり、コンシューマー分野の前年比増4%の市場成長率と比較するとエンタープライズ分野の成長率が高いとされています。(いずれも富士キメラ総研調べ)

サーコム・ジャパンはエンタープライズアクセスポイントの市場規模成長と増加する屋外での無線LAN搭載端末利用用途の増加から、屋外用途のエンタープライズアクセスポイントに対しニーズがあると判断し、この度の発表に至りました。屋外での利用用途として、具体的に以下の3点を利用用途として想定しております。

  1. メガソーラーメンテナンス、工場ネットワークの無線化等、M2MネットワークのIP化
  2. ストレージボックス、駐車場等、空き土地利用ビジネスの活用の増加
  3. 商店街や商業施設での公衆無線LAN利用において、屋外にいるユーザーへの無線LANホットスポットの提供

これらのニーズに対応するべく、AP222AOには以下の特徴があります。

  1. IP66対応で完全防塵防水をサポート
  2. IEEE802.1Q、IEEE802.1Xに対応し集中管理を実現
  3. 拡張性を担保するため、4本のN型同軸コネクタをサポート

サーコム・ジャパンはAP222AOを国内の無線機器メーカー、サービス・プロバイダーにODM提供し、屋外での無線LAN利用をサポートしていきます。初年度出荷台数は5000台を予定しております。詳細は以下のWebページを御覧ください。

ページ先頭に戻る