最新情報のプレビュー

サーコム・ジャパン、世界に400万台の出荷実績EPONモジュール「ER200シリーズ」を国内で提供開始

 IoT/M2M機器のODMベンダーであるサーコム・ジャパン株式会社(東京都品川区、代表取締役CEO伊藤信久、
以下「サーコム・ジャパン」)は、光ファイバーネットワーク市場向けに新製品の1GBのEPONモジュール、「ER200シリーズ」を2014年6月25日より提供開始します。

 Sercomm Corporationはグローバルでおよそ年間400万台の光ファイバーネットワーク製品を出荷しており、その技術力と調達力、コスト競争力が評価され、欧米、中国を中心として世界中で採用されています。
 この度提供を開始する「ER200」シリーズを採用することにより、世界規模のスケールメリットを受けることができます。サーコム・ジャパンは世界販売実績に実証されたSercomm Corporationの光ファイバーネットワーク製品「ER200」シリーズを国内企業が望むレベルのサポートサービスも併せて提供します。

ER201
ER201

ご要望によりレセプタクル型またはピグテイル型が選べます。

製品仕様

光インタフェース IEEE802.3ah GEPON Standard準拠 (1000BASE-PX10)
送信:1260~1360nm / FP Laser
受信:1480~1500nm / PIN-TIA
データ転送速度(理論値) 1.25Gbps / 送信:1310nm, 受信:1490nm
モジュール形状 2 x 10pin SFFパッケージ
コネクタ形状 レセプタクル型 または ピグテイル型
安全性 レーザー クラス1準拠 (IEC 60825-1)

製品の詳細はからご覧いただけます。

サーコムについて

サーコムは、世界有数のブロードバンドと無線ネットワーク機器のOEM/ODMメーカーです。1992年の設立以来、組み込みソリューションの開発に力を入れ、ネットワークをより簡単で手頃に提供しています。サーコムは台湾台北市に本社を置き、北米、ヨーロッパ、アジア太平洋地域市場へグローバルにビジネスを展開しています。主な顧客は、世界最大手のOEMメーカー、電気通信メーカー、サービス・プロバイダーです。

ページ先頭に戻る