最新情報のプレビュー

サーコム・ジャパン、東京オリンピックに向けて 公衆無線LAN普及を推進する 無線アクセスポイント「AP331AI」を提供開始

 IoT/M2M機器ODMベンダーのサーコム・ジャパン株式会社(東京都品川区、代表取締役CEO伊藤信久、以下「サーコム・ジャパン」)は、2014年8月27日よりエンタープライズ向けに、最新の無線規格IEEE802.11acに対応した無線アクセスポイント、「AP331AI」を提供開始します。

 「AP331AI」のODM提供顧客層は通信キャリアやメーカーなどのIT・モバイル関連事業者で、公衆無線LANとしての利用を想定しています。提供販路はサーコム・ジャパンによる直販です。
 Sercomm CorporationのODM製品は、その技術力と調達力、コスト競争力が評価され、欧米、中国を中心として世界中で採用されています。「AP331AI」の採用により、開発費用の削減、開発期間の短縮とともに、Sercomm Corporationが持つ世界規模のスケールメリットを受けることができます。また、ODM開発で基本となる製品のカスタマイズは、海外ODMメーカーの採用による意思疎通の難しさなどの懸念がありますが、国内現地法人であるサーコム・ジャパンは検討段階から製品出荷後まで継続するトータルサポートが可能です。

 2020年の東京オリンピックに向けて、公衆無線LANの拡充が急がれる中、サーコム・ジャパンはタイムトゥマーケットに優れたODM製品で日本のインフラ整備に貢献します。

AP331AI
AP331AI

製品仕様

無線LAN インタフェース 2.4GHz および 5GHz 帯の同時無線通信
準拠規格 IEEE802.11ac
IEEE802.11n
IEEE802.11a
IEEE802.11g
IEEE802.11b
データ転送速度(規格値) 最大1300Mbps (IEEE802.11ac)
最大450Mbps (IEEE802.11n)
最大54Mbps (IEEE802.11a / IEEE802.11g)
最大11Mbps (IEEE802.11b)
セキュリティー WPA2-PSK (AES), WPA/WPA2 (TKIP/AES), WEP (128 / 64bit), WPA-EAP, IEEE802.1x (TLS/TTLS/PEAP)
有線LAN 準拠規格 IEEE802.3ab (1000BASE-T)
IEEE802.3u (100BASE-TX)
IEEE802.3 (10BASE-T)
IEEE802.3at (PoE)
データ転送速度(規格値) 1000Mbps
100Mbps
10Mbps
端子形状 RJ-45
端子数 1ポート
外形寸法 180mm x 180mm x 40mm
設置方法 壁掛け または 天付け設置に対応
電源 外付けACアダプター または PoE給電

FIT型アクセスポイント(Thin型、FAT型双方に対応)

製品の詳細はからご覧いただけます。

Sercomm Corporationについて

 Sercomm Corporationは、世界有数のブロードバンドと無線ネットワーク機器のOEM/ODMメーカーです。1992年の設立以来、組み込みソリューションの開発に力を入れ、ネットワークをより簡単で手頃に提供しています。サーコムは台湾台北市に本社を置き、北米、ヨーロッパ、アジア太平洋地域市場へグローバルにビジネスを展開しています。主な顧客は、世界最大手のOEMメーカー、電気通信メーカー、サービス・プロバイダーです。

ページ先頭に戻る