ダウンロード

次世代サービスプラットフォームを創出する「IoTゲートウェイ+IoT Beacon」

サーコムジャパン

IoT Beaconは従来O2O向けの切り札として注目を集めており、一見するとIoTと関係の無いセグメントの様に見受けられるが、実際には深い親和性をもっている。 弊社は2020年をめどに、IoTを社会インフラ化していく上で、IoT Beaconは欠かせないデバイスであると考えている。

IoT Beacon

IoTGW+IoT Beaconが創出可能な付加価値

IoTゲートウェイとO2O向けのIoT Beaconを融合させる事により、Big Data収集・解析の観点で補完しあって実現する次世代サービスプラットフォームに必要な「ネットワーク機器のODMソリューション」となります。「IoT Beacon + IoTゲートウェイ」のパッケージでのみ実現可能なサービスは、O2Oや広告という限定された市場で終わる事なく、将来的に接続可能となる1000億個のモノとの親和性や新サービスへの拡張性が見込めます。

IoT Beacon

IoTが人類史上最大規模の市場であり壮大な可能性を秘めている事は、今や周知の事実となってきているが、それを導入したいと考える企業の立場では、どの様にして収益モデルを確立するかまだまだ不明確であるとうかがえる。この問題は、企業側が消費者にとってのメリットを表現し難い点がその大きな理由として考えられる。

一方O2Oは元々の考え方として、デジタルからリアルへ消費者の購買行動を推進する流れであるため、企業側と消費者側での双方のニーズを満たす可能性が大いにあるといえよう。本レポートでは、どの様にすれば消費者がメリットを感じてくれるかという事を具体的なソリューション事例として「IoTゲートウェイ(IoT GW)+ IoT Beacon 」の融合という形で具体例をご紹介しながらお伝えする。

スマートホームレポート

レポートコンテンツ

  • iBeaconの登場とその可能性
    • なぜIoT Beaconが切り札か?
    • Big Dataを取り巻く環境の変化
    • Big Dataを活用するO2Oが、IoTの普及を補完する理由
  • IoT GW + IoT BeaconによるODMソリューション
    • IoT + IoT Beaconによる広告プラットフォームの創出
    • 広告プラットフォームにおけるスキーム
    • IoT GW + IoT Beaconにより創出可能な付加価値
  • IoTが実現する世界観
    • IoTを社会インフラ化へ
    • 国内初IoTエコシステムの創出

ダウンロードの流れ

ダウンロードまでの流れ STTEP1
ダウンロードまでの流れ STTEP2
ダウンロードまでの流れ STTEP3
ダウンロードまでの流れ STTEP4

ダウンロード

  • 関連情報
ページ先頭に戻る