最新情報のプレビュー

サーコム・ジャパン、IP-STB装置「STB122シリーズ」を発表 ~4K対応IP-STB製品~

IoT/M2M関連機器ODM専業メーカーのサーコム・ジャパン株式会社(東京都品川区、代表取締役CEO 伊藤信久、以下、サーコム・ジャパン)は、2018年3月6日(火)より法人向けODM製品として4K対応IP-STB「STB122シリーズ」を提供開始します。

4K映像サービスの中心となるIPTV

光回線を利用したインターネットの普及、また次世代の10Gbps光回線を利用したインターネット接続も実際のサービス提供開始が進むなど、近年ますますインターネットの高速化が進んでいます。
これにより、従来よりも大きなデータを容易にインターネット回線経由で提供できる環境がより充実し、この流れを汲む形で、インターネットを利用したサービスの主役である映像コンテンツ配信サービスにおいては、4Kテレビの普及や映像圧縮技術の高度化をうけ、放送波に先行して、IPTVによる4K映像配信サービスがOTTサービスとして市場へと広く浸透しています。サーコム・ジャパンはこれを背景として、CATVなどの回線事業者ならびにこれらの事業者を対象とする機器メーカー向けに、4K対応 IP-STBのODM製品を提供します。

4K対応STB製品として最適なスペック

OSとしてAndroid搭載することで迅速な市場投入を実現するだけでなく、サービスのオリジナリティ実現に必要不可欠なユーザーインターフェイスのカスタマイズや機能追加においても効率的な開発を実現します。
ハードウェア面では4K 60fpsのサポート、H.265/HEVCコーデックへの対応といった4K対応IP-STBとしての基本機能に加えて、宅内の無線化が進んでいる昨今の状況から、無線子機として本装置を無線接続することをサポートしています。
また、Bluetooth機器の接続をサポートしており、赤外線リモコンだけでなく、各種Bluetooth無線リモコンやキーボードなど、多種多様な周辺機器を接続することができ、さまざまな使用環境へ柔軟に対応することができます。

仕様
OS Android TV
映像出力 最大4K(3840 x 2160), 60fps
デコード H.265/HEVC MP-10 , H.264 HP@L5.1 ,VP9
出力インターフェース HDMI2.0, コンポジット出力, ステレオミニプラグ,
入力インターフェイス USB3.0 x 1 、IR受光部(リモコン用)
有線ネットワークインターフェイス RJ-45 1ポート(10BASE-T/100BASE-TX)
無線ネットワークインターフェイス IEEE802.11ac / n / a / g / b (5GHz帯 / 2.4GHz帯)
Bluetooth 4.1
  • 関連製品
  • 関連情報
  • FC17xU
    FC17xU
    屋内用フェムトセルを使うと、マクロセル(屋外局)の電波が遮蔽されて届かない地下や屋内、電波の届きにくい高層ビルに対して、低いコストで安定した無線通信環境を構築することができます。
    FC17xUの詳細はこちら。
  • FC23xU
    FC23xU
    屋内用フェムトセルを使うと、マクロセル(屋外局)の電波が遮蔽されて届かない地下や屋内、電波の届きにくい高層ビルに対して、低いコストで安定した無線通信環境を構築することができます。
    FC23xUの詳細はこちら。
  • FC270U
    FC270U
    宅内用フェムトを使うと、携帯電話ユーザー様宅内の電波改善対策や、無線通信の快適性向上、マクロセル(屋外局)からのトラフィックオフロード対策を、低いコストで実現することができます。
    FC270Uの詳細はこちら。
ページ先頭に戻る